えすとこにっき

---Jacta alea est.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2010/1205 & 1212 Loki攻城戦

12月です。師走です。
私も走りまくっています(ぇー

遅すぎもいぃところですが、ここ2回のGvGふりかえっておこうっ!

まずは12/05

20101205F2砦前

SSZPさん+MuさんがF2に攻めてきたぞ の回。
Hyp-MN使用。
KSはMNさんに収容。

この日の印象的なことと言えば

・思ったよりもアーチで粘ることが出来た

   →なぜ粘れたか?というと、
    自陣側の平均レベルが上がってきたことも大きいのかな?
    私自身のレベルは大して変化していないので、今一つその実感は薄いのですが。
    後は、高LvのWLさん方による職人技と、EMCマスターさんたちの的確な判断は
    本当に大きいと思いました。
    総指揮の方の指示に即対応出来る状況を作っておくというのは、
    当たり前のようでいて、実は簡単なことではないのだろぅなぁと。
    感謝しつつ、頑張ります!
    (即蒸発も多いですけどっ)

・アーチと水場は、それでもやはり時間稼ぎ以上の役目を果たしきれない

   →戦力が拮抗している(ところまで、ようやくたどりついた?)から、かな。
    ここをより堅固に守るには、個々のレベリングや
    各職のスキルの特性をそれぞれが理解して、意識的に立ち回る
    ということが、よりいっそう求められるのだと思います。
    後は、ボイチャを聞けているかどうか、もやっぱり大きいな。
    コメットの魔法陣が見えている人が声をあげた場合、
    聞こえた人は何らかの対処ができるけれど、チャット入力では
    次のアクションにつながらなぃ(間に合わない)ケースが殆ど。
    コメット専用の暗号とか作るべきなのかなと、結構本気で思ったり。

・エンペ前の攻防では、これまでほどのプレッシャーをあまり感じなかった。

   →この前の回が、ものすごくドキドキしただけに、
    「あれ?何だろうこの嵐の前の静けさ的な」という時間が多かった気がしました。
    特に私などは、後衛地帯の更に奥にいたりするので余計にそう感じられたのですが、
    前線に出て没った人はやっぱり、徒歩復帰が非常に厳しかったので、
    最前線の戦闘はとても激しかったのだと予想されます。
    あと、エンペ前でプレッシャーが少なかった理由の1つとしては、
    黒ぴかさんサイドのEMCが機能しづらかったからではないかと。
    こちら陣営の某修羅さんがマンツーマンでマークしていたようで、
    改めてEMCマスターさんの仕事は、実際的な意味での大変さ+プレッシャーなど
    本当に大変そうだなぁと思いました…。
    自陣営のEMCマスターさんは勿論、GvGに参加されている全てのEMCマスターさんを
    ちょっと尊敬しなおした日でもありました。

・修羅マスターさんは、呪縛陣中でもEMCを詠唱することができる

   →個人的な備忘録です。
    これまで知らなかったことだったので…!

21:30過ぎ、SSZPさんの転戦後にMNはまずN2へ。
無人砦と思ってざくざく進んでいたところ、突如、前を歩いていたはずの人たちが消滅!
え、え?と思っていると、2バリ奥(だったかな)にがっつりと
ウミネコさんの防衛が…!
どうやら、わっさーとバリケを殴っていたところにコメットを降らされたらしく、
第1陣は壊滅状態に。(支援かけてから歩いていた私は、難を逃れたという…;w;)

ひやひやしつつも、再度まとまってアタック。
この頃にはウミネコさんも狙いを他に変えていたか、
なだれ込むような勢いで奪取成功。

その後はB3とV4を巡って終了。
最後のV4は、終了間際のEMC。
全員で祈りながらエンペをたたいてギリギリに取得でしたw

B3を割った後、ER防衛配置についていたところに突然のEMCだったのですが、
こういう時の判断力というか、勝負における勘の強さが、
MNマスターさんは本当に強いと思います。


続いて 12/12のGvG。


Hyp-MN使用。
KSはMNに収容。

F2防衛スタートでしたが、特に攻めも無かったので、
いずれもHyp城主のF2とF4に分かれて防衛することに。
MNはF4で防衛。

そうこうしていると、F2にウミネコさんがやってきたとの情報。
しかし、KS組はF4のお留守番を預かります。
本城にはSAさんも見え出したようで
そこそこ賑やかな様子が伝わってきたその頃
F4では

穏やかに時は流れ。

縁側でお茶を飲んでいるような和やかムードw
時々、偵察の人がチラホラと遊びにいらっしゃいます。
でも、お茶を出すのは

イケメン

こんな人たち(( ;゚Д゚)))))))

ガディの効果的な集め方について議論がさかんだったり、
そんな中で偵察にきた方を、影葱さんが条件反射でマンホールに埋めると
ガディ軍団を挟んで偵察さんと非常にシュールな会話が交わされたりw

しかし21時を過ぎた頃、事態は急展開に。
SSZPさんの偵察は、それまでもチラホラといらしてたのですが、
SAマスターさんが抜け、EMCを許してしまいます。
穏やかだったF4に嵐の予感!

Hypからも応援がかけつけますが、SSZPさんもF2とF4の両方に
揺さぶりをかけてくる為、気の抜けない時間が続きます。
記録に残っている時系列だけを抜き出すと

21:06 F4城門開放

21:12 F4第2バリケ突破

21:15 F4城門復旧

21:16 F4第2守護破壊

21:19 F2城門開放

21:22 F4第1守護破壊、城門開放→第3バリケ戦

21:24 F2守護復旧

21:28 F4城門復旧

21:35 F4両守護破壊、城門開放→第3バリケ戦

21:39 F2第1バリケ突破

21:41 F4第3バリケ突破

21:42 F2水路決壊

21:45 F4落城 城主SA

21:46 F4奪取 城主Hyp

    F2第3バリケでSPKがEMC→第3バリケ突破

21:48 F4落城 城主SA

21:58 F4奪取 城主Hyp


なんといっても、指揮の読みあいが激しかったようでした。
両陣営指揮の方、本当にお疲れ様です!

おそらく本命はF4だろうとしつつも、
頭から離れないのは、自分たちがF2を奪取成功した時のこと。
一瞬を衝かれる恐ろしさと、その有効性は
SSZPさんもこちらも骨身に染みていると思われますが、
だからといって完全に対策できるわけでもなく。

今回、SSZPさんが宿無しという結果だったようですが、
IRCで同盟のどなたかが言っていたように、
一歩間違えば、こちらが宿無しだった可能性も非常に高かったと思います。

前半の穏やかさとは打って変わった、
緊張感漂うGvGでした。


GvGにおいて、砦取得などの結果だけを図れば、

強いギルド(同盟)=高レベルキャラが沢山いるところ。
          神器や神器級装備の出回っているところ。

というのは現状、火を見るより明らかなわけですが。


私個人としては、1週間の内1度だけやってくるその時間を
自分たちなりに目いっぱい楽しめているギルド(同盟)が、
結果として「強い」ギルドなのだと思っています。

キャラのレベルも、まだまだひよっこですが、
自分に出来ることを探して、これからも楽しんでいたいなぁ。
(そういえば!見た目があまり好きではなくて、導入していなかった
 スタラク挿しバシリウム+フレームスカル盾を、ついにこの回から導入したところ、
 base114 素Vit100の私でも、劇的な変化を感じることが出来ました!
 スタンが気になる後衛さん、騙されたと思って(!?)使用してみることを
 おすすめします!!)

というわけで、大変遅いGvGレポ終了!
おまけで書きたいことも色々溜まっているのですが、
とりあえず今日はここまで!

GvGに参加した全ての皆さん、お疲れ様でした。
これからも宜しくお願いします☆

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。